Works

学会発表

「回復期リハビリテーション病棟におけるリハ栄養につながる看護」,第11回 日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術集会,2019年6月
「サルコペニア予防が継続できた脳卒中患者の退院指導の一症例について」,第34回 日本静脈経腸栄養学会学術集会,2019年2月
「リハ栄養と出会ってからの看護活動と今後について」,第8回 日本リハビリテーション栄養学会学術集会,2018年12月
「小集団活動における認定看護師の役割―重度麻痺患者へのアプローチを通してー」,第43回 日本脳卒中学会学術集会, 2018年3月
「慢性腎臓病患者へのリハ栄養マネジメントを多職種で介入した一症例」,第33回 日本静脈経腸栄養学会学術集会,2018年2月

※第27回 日本消化器関連学会 パネルディスカッション登壇予定,2019年11月
「在宅医療における多職種連携の在り方」
※第35回 日本臨床栄養代謝学会学術集会 看護師部会  パネルディスカッション登壇予定,2020年2月
「気づく・繋げる・広げる栄養看護」〜栄養看護の未来を拓く〜

  • 研究協力
    「回復期リハビリテーション病棟患者において活動量計を用いたエネルギー量の調査」, 上級演題「回復期リハビリテーション病棟の認知症患者におけるサルコペニア有病率」, 上級演題「高齢嚥下障害者と家族の「栄養手段の選択」における意思決定支援~OOVLについて~」,第11回 日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術集会,2019年6月

執筆

  • 書籍
    若林秀隆、葛谷雅文「リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブル」,日本医事新報社,2018年(一部執筆)
    ※医学書院、2019年度出版予定「リハ医と脳リハナースが提案する 居宅サービス+αのフレイル・サルコペニア 予防(仮)」編者
    ※医学系出版社から認知症患者の退院支援に関する書籍が発刊予定(食事介助について一部執筆)
  • 雑誌
    「サルコペニアへの介入①低活動」,『看護技術』2019年5月号,メヂカルフレンド社
    「本当は怖い“絶飲食”の話」,『看護技術』2018年11月号,メヂカルフレンド社
    「訪問看護が原点―病棟ナースがいま、施設から地域へ届けたいこと」,『訪問看護と介護』2018年10月号,医学書院
  • Webメディア
    なるほど!ジョブメドレー
    コラム「フィジカルアセスメントとは」2019/6/6更新 LINK
    コラム「HCU(高度治療室)とは?ICU(集中治療室)との違いや看護の特徴を紹介します!」2018/12/27更新 LINK
    コラム「ICU(集中治療室)で働く看護師の役割・適性は?」2018/12/11更新 LINK
    コラム「慢性期とは何か 看護・勤務形態・職場の特徴を紹介します」2018/11/27更新 LINK
    コラム「栄養サポートチーム(NST)の役割と仕事内容とは」2018/11/19更新 LINK

セミナー等

  • 講師
    2019年
    ・コンサルタントナースに学ぶ 脳×栄養 セミナー&ワークショップ
    ・第5回 関西セラピスト交流会 inポラリス 女性の働き方セミナー
    2018年
    ・基礎から学ぶ!!脳卒中の疾患に伴うサルコペニアとリハ栄養セミナー
    ・意思決定支援OOVL~口福のスプーン~
  • ファシリテーター
    リハ看護学会におけるリハ栄養セミナーやICLS,ISLS等

お問い合わせ・お申込みは下記よりお気軽にご連絡ください

Scroll to top