介護分野におけるリハ栄養の可能性@第10回日本リハビリテーション栄養学会学術集会

リハ栄養学会の初!介護分野のシンポジウムにおける
初!!座長 の大役終了しました。。。ほっ。
シンポジストの先生方のご講演が素晴らしく!
私が一番学ばせていただきました!
麻植 有希子先生の『要介護高齢者におけるGLIM基準による低栄養診断と課題を解決するための栄養ケアプロセス』
先生の御施設では、八万人!もの利用者様がおられます。ビッグデータを分析し構築したものを、わかりやすくお示しくださいました。
高木先生(Ryo Takagi)の『介護予防事業とリハ栄養-通所型短期集中予防サービスから見えてきたリハ栄養の可能性-』
私見ですが、通所型Cはリハ栄養との親和性が高いと思っています。そして、フレイル脱却を図るために何が必要か、、、納得のご講演でした!
和泉 逸平先生の『介護施設の記録と専門職との連携』
今、介護における熱い!「CHASE」も運用開始され、どのようにデータを業務に負担をかけず蓄積し様々なデータベースとリンクさせるか。。
未熟過ぎる💧座長でしたが素晴らしい先生方にお助けいただき、なんとか時間通りに終了〜
なんと数百人の視聴者のほとんどの方が最後までお聴きくださったようです!
この場を借りまして、ご質問いただきました先生方にも御礼申し上げます。
また、貴重な機会をいただいた大会長 森 隆志先生や、実行委員長 折内 英則先生にも深く感謝致します。
来年度も介護分野のシンポジウム継続してください!
朝に終わったので、その後は視聴者としてうろうろ。。。
お目にかかれないことは残念ですが、頑張っている仲間の姿を見て聴いて!やるぞっ!(修論追い込み中)とパワーいただきました。
学会は明日まで開催予定です(^^)

第13回在宅医療勉強会@毛馬コーポゆうゆうクラブ

先月いい夫婦の日(11月22日)に、青山先生のご依頼で
勉強会の講師をさせていただきました。
事前に、参加者の皆様から日頃の食事の写真と質問を送っていただき、その評価を
甲南女子大学 医療栄養学部の藤井先生、、、
運動と栄養に関する部分を私がお話させて頂きました。(大学院の後輩の訪問看護師も見学に来られきんちょーー)
毛馬コーポゆうゆうクラブは、住民主体の介護予防や最期まで自宅ですごせるための活動です。
なんと!その活動が厚生労働省「第9回健康長寿を伸ばそうアワード!」の《最優秀賞・厚生労働大臣賞》を受賞され、昨日リモートによる表彰式でした!!パフパフー!!!
おめでとうございます^^*
(大臣からのリモート表彰式ってどうやってするんだろ???)
参加者の大阪のオバちゃんずが、携帯の機種変更について、あんたの使い方やったらギガ足りひんのんちゃうか。〇〇会社の××プランが安いでー、など情報交換したり。
このコロナ禍の影響で住民のお孫さんを巻き込みハイブリッド開催するためのオンラインの方法を学んだり。。。
青山先生曰く、楽しくにぎやかに、なあなあでやっておられる活動だそうです^^*
なあなあ、、、素敵な響き!!
人生の先輩方が、主体性を持ちつつ、なあなあですべてを許容する場の空気感がとても心地よい時間でした!この勉強会は、これからもなあなあで継続されます!!

 

「ネガティブ感情と付き合い職場の空気感をよくする:コロナ第1波・第2波の経験から学ぶ」 ヘルスケアワーカーキャリア学会

夜勤明けのワークショップ
少し寝ようと思ったのがダメだった泣
( ゚д゚)ハッ!と気付くと 30分近くの遅刻!!

慌ててオンライン入室すると、

梅田 智子先生のニコニコ穏やかなお声
ちょうどグループセッション前の滑り込みセーフ、、、ビデオオンラインで自分の髪型みて、ボサボサ過ぎてぎゃあああ!
寝起きですみませんと謝罪から始まる自己紹介ww
勝原 裕美子先生の
《感情的に話すと感情で話すは違う》
松村 眞吾先生の
《多職種連携の越境やゴチャマゼが大事》
梅田智子先生の
《ネガティブな感情に蓋をしない》。。。
たくさんの文言をいただきました^^*
ゆっくりと咀嚼し吸収し身につけたい!!
ヘルスケアワーカーキャリア学会は様々な職種の方が短いグループセッションを繰り返しながら、考えを深めていきます!
アサーティブに話す とはどういうことかを体感できます\^^/

次回は来年2月20日クロスロード・ダイバーシティゲーム(NPO法人 日本ファシリテーション協会長

竹本 記子先生ーよろしくお願い致します!)です!
あめちゃんず登場~^^*

看護実践研究会 @ 兵庫県看護協会会館 ハーモニーホール

昨日は様々な看護実践の取り組みを拝聴しに兵庫県看護協会まで行って参りました。(毎年演題申し込み増えているそうです!)
一昨日の暖かさはどこ?急に寒くなってきた上にバッチシの感染対策で窓全開💧➕ソーシャルディスタンスの席指定。。。寒すぎる。。。膝掛け持ってくれば良かった💧
でも!皆様の生き生きと語られる発表姿に、集録集を読むだけではイメージ掴めない取り組みに、やってみようと思えました。

教育講演は敬愛する東京大学 高齢者在宅長期ケア看護学分野

山本 則子教授の
『臨床現場での実践をどのように研究につなげるか』
リモートで拝聴しながら、2年前東大構内で迷子で遭難しかかったことやグループワークでのキャッチコピー作りなど思い出されました。
(まさか!当時コロナでこんなことになり、研究会に参加できなくなるなんて思ってもみなかった!)
質問しますっ!って教育担当の方にも希望していたのですが、音声の不調で叶わず。。。残念でしたが、画面からパワー(先生の看護用語をできるだけ使わない!に 心に突き刺さる。。。難しい。。。)をいただきました。
最後は偶然、エレベーターでご一緒した今回の委員長 関西福祉大学(脳卒中リハCN過程の大学)平野先生とパチリ!

 

介護分野におけるリハ栄養の可能性@第10回日本リハビリテーション栄養学会学術集会

 

森 隆志先生が大会長を務められる第10回日本リハ栄養学会で、僭越ながらシンポジウム2「介護分野におけるリハ栄養の可能性」にて座長をさせていただきます。

肌感として介護界の熱さを感じていて。。。
でも、今、介護の現場にいない私の想いの押し付けではないか?介護士をミニ看護師にしたいわけではないし。。。とグジグジしていましたら
日本デイサービス 理事長 森先生の第1回(継続するはずw)鳥貴族の会で笹山 博司先生と出会い。。。出会ったその日に施設見学をお願いしました!
(見学日前にその学会の抄録集も届き、ちゃっかり宣伝も!)
先生とは同じ播州ということもあり、友達の友達は友達という連鎖が笑

先生の施設は複数名の管理栄養士が在籍しておられます!栄養だけではなく、代謝を考えつつ運動も必要なことなど。。。介護士の現状も含めてリハ栄養をどう紐付けするか。。新たな視点(斬り込み)をいただきました!
さすが!グロービス恐るべし!!(マジに!)
(最近、立て続けにグロービス出身の方とお目にかかる機会があり、発想がキレてるなーとしみじみ。。。その柔軟な脳がほしいー)

介護士の方にもインタビューさせていただき、看護師と同じカテゴリが浮かびあがりそうな感じも受けました。。。(いやいや、今の論文をまとめろっ!)

笹山先生、貴重なお時間をいただきありがとうございました😊
また、第2回鳥貴族の会でお会いしましょう!
(今度は早食い負けませんっ!!笑)

 

サルコペニア・フレイル指導士の認定証届きました!

合格発表から約1か月…待ち望んでいた認定証が届きました!

第1回サルコペニア・フレイル指導士の合格者は約260名

その内、看護師資格の認定者は17名!! 少ない!!!

半数以上が理学療法士でした…

少なくとも訪問看護師は、サルコペニア・フレイル指導士として地域に還元してほしいな…

 

第8回 脳卒中ケア研究会@大阪

脳卒中を対象にした研修は久しぶりです。

回復期リハ病棟の栄養が研修内容にあり、大阪まで行ってきました。

参加者の多くが脳卒中リハ看護認定看護師であり、知っている顔も多く、ミニ同窓会の雰囲気…仲間の頑張りと率直な意見に活力を得ました。

そして、栄養の研修は摂食嚥下障害看護認定看護師が多いと思っていましたが、他の分野にも拡がっているんだなと実感…する時間でした。

 

第11回日本静脈経腸栄養学会近畿支部会

第11回日本静脈経腸栄養学会近畿支部会

G20厳戒態勢中の大阪でしたが、予想されていたお天気の悪化も無く1000名を超える参加者だったようです。

リハ栄養部門にお招きいただいた山中大会長に感謝申し上げます。 また、ここまで私を導いてくださった患者さまや応援してくださる皆様方に感謝申し上げます。

脳卒中リハ看護認定課程で栄養とは。。を授業してくださり、栄養に導いてくださった神戸市立医療センター中央市民病院 東別府先生にご挨拶できました(๑•̀ㅂ•́)و✧

そして、三年前にNST専門療法士になりたいと実習に伺い、ご指導いただいた神戸市立西神戸医療センター 井谷先生と再会し、頑張ってるねとお誉めいただき胸が熱くなりました。

そのうえ、共著の3題のうち2題が上級演題に選ばれました!

学会を通して出会える仲間がいます。
頑張っている姿に力を貰います…
発表を通して、力をつけてる!私も頑張らないと!と切磋琢磨できる仲間です…

Scroll to top